Home > fragment > fragment-k

fragment-k

本気デ勝負スルト、何カガ決壊スルンダ

タイトルは20世紀少年の名台詞から。
そして本記事は書き掛けでPCに眠っていた文書をサルベージし、pomeraでチマチマ編集し復活させたモノである。
出だしにちょうど当時の状況が書いてあるの、ちょっとでみてみよう。

「ビール3本目、時間は3時半、明日休み、スーパーほんこーんタイム(後述)、休出と早出と風邪気味で若干弱ったカラダ、と(いろんな意味で)条件は揃ったんで久々にやらかしてみようと思う。」

といってカティサーク飲みながら5時くらいまで頑張ったんだけど、結局書き上げることが出来ずに床で寒さに震えながら丸くなって寝落ちしてたという自分で言うのもなんだけどアホみたいなことになってた。
しかも今にして思うと、扁桃腺炎になって2週間も禁酒する羽目になったのはコイツが原因だったような気が・・。
まぁいいや。そこまでして語りたかったのは結局「ニコ動が面白い」という話なのだけれど。
以下、若干熱すぎて空回ってる部分等を修正し、寝落ちしてざっくり欠落してる後半部分を補って完成させてみよう。
ちうわけでリメイク版スタート。

ニコ動ことニコニコ動画が面白い。
10年前、ニフティサーブでネットワークと出会ったのがファースト・インパクトだとすると、間違いなくコレはセカンド・インパクトかなと。
関わってる人間が2ch系だからカルチャーとしても2chに通ずるところは多々あると思う。
ニコ動ビギナーだけど、数年前にガッツリ2chやってたんでこのはアレでいうコレか、みたいな。

「釣りか?→サーセンwww」に代表されるお約束(ここまで来ると古典に通ずる日本的なナニカを感じずにはいられない)とか、アンチvs擁護とか、神とか鳥肌とか目からナニカとか、やってることはあまり変わらない。まぁ「wwwwww」だけのコメントののノイズとかは、昔はここまで酷くなかった気もするケド。

ただ、2chとニコ動の違いで一番感じたのはネタ(作品とか素材とも言う)を提供する側と乗っかる側の差がエライ大きく開いたなぁということ。
かつてはテキストオンリーだったため、ネタを提供する側/される側の境界というのは非常にアイマイで、半リアルタイムのやり取りの中で円舞曲のようにクルクルと立場を替えたりすらしていた。
しかし動画投稿となるとその彼我の差というのは一気に埋め難いモノとなる。ようは、提供する側の要するコストと、ソレを享受し(コメント等で)茶々を入れる側のコストというのは交換不可能なレベルまで開いてくるのだ。
自らの手を動かすことなく得意げに批評・批判するような輩には特に語るべき言葉はない。「歌ってみた」で言えば、対象を選び、(場合によっては)練習をしたりリテイクを重ねたり、それを動画として絵を合わせ、トータルとして編集し、モロモロの精神的紆余曲折を経てようやくうpして世に出てきた作品たちに対し、脊髄反射で「素人レベル」とか「音外れてる」とか、もうね、オマエは何様かと、だったらオマエがやってみろと。

・・ぃゃぃゃ、そっちはどうでもいい。それよりも、作り手たちの話だ。
そんなワケで、ネタ・作品を提供する側に要求される「贄」のコストというのはホント半端ないと思う。しかも、その中で注目され、愛され、広まってゆくモノというのはごくごく限られている。
埋もれた才能が文字通り発掘され、良いのか悪いのかCD等の商用ベースに展開されたりカラオケやら着歌やらに配信されてゆく作品がある一方、開始2秒で地にダイブする失敗線香花火のごとく生まれた瞬間に消えてゆくナニカがある。

それでも、それにもかかわらず、日々無数の「ナニカ」が生まれてくる。
世の中に、まだこんなにも「モノを作り、紡ぎ、繋いでゆこう」というオモイを持った人たちがいる。そのことが嬉しくてたまらない。
確かにひと昔前に比べれば、動画編集にしろ、ヴォーカロイドにしろ、MMDにしろ、作成・開発環境というのはオソロシク向上している。しかし、所詮それも相対であって、結局は休日を潰し、睡眠時間を削り、さらにその情熱を完成まで持続させて公開に至るというのは相当なパワーがいるはずだ。
やっている側は「好きだから」「楽しい」からとサラリと答えるだろう。もちろんそうに違いない。しかし、賞賛にしろ批評にしろ、作品を享受しコメントしている側からの安易で平坦な延長線上には彼らはいない。その間には2chでいう「超えられない壁」が横たわっている。
しかし、2chで言う「神」や「超えられない壁」が

・これだけの仕組みを作りながらまだ黒字化できていない
・振り込めない詐欺。
・ほんこーん、かわいいよ、ほんこーん。
・姫、かわ(ry

Comments:3

ネギ 09-06-21 (日) 22:06

キミの如く、ビジネスを立ち上げた人間が書ける文章だろうと思った。逆か。こういった思いを抱える、なおかつ何かを始めた人間が書ける文章か。
ニコ動、最初はYoutubeの二番煎じだと思っていたよ。でもちがうんだな。。。関係ないけどところでニコ動、中国でもフランスでも同じスタイルでやったら受ける気がする。。。

a2see 09-06-24 (水) 0:43

>ネギ
ごめん、コメント公開遅れた。最近、スパム書き込みが多くてまた承認制にしてます。

自分ではビジネスとはまったく切り離したところで書いてたつもりなんで、その指摘は意外だったなー。
やっぱどっか繋がってるんですかね。それはそれで嬉しいモンだ。

各国版ニコ動は面白そう。最近、ロシアのヲタクが凄いらしいんで露に1票!

ネギ王 09-06-28 (日) 0:02

おお承認制!了解了解!

”作り手”のマインドの部分で繋がっているんだろうね。繋がっているとするとそれは深い部分で、だと思うな。

各国版ニコ動、国民性が出るんだろうな。。。フランスヲタクもいけてるらしい。仏に1票!

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.a2see.com/WordPress/archives/36/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
fragment-k from a2see blog

Home > fragment > fragment-k

Search
Feeds
Meta

Return to page top