Home > fragment > fragment-m

fragment-m

「fragment(フラグメント:断片、断章)」という言葉を意識して、好んで使うようになったのは村上春樹の『風の歌を聴け』が契機だったと思う。
学生の頃、プライドばっかり異常に高い癖に、それに見合うほど信じるモノも縋るモノも誇れるモノも持っていなかった自分は村上春樹の小説をそれこそ聖書のように拠り所にして、何度も何度も繰り返し読んでいた。
一番好きだったのは『ダンス・ダンス・ダンス』だった。ユキの健気さにグッとき、五反田君の生き様に深い闇を見、それでもステップを踏み続ける「僕」にオノレの何かを重ね合わせようとしていた。んだと思う、たぶん。

『風の歌を聴け』は語るのがとても難しい作品だ。
村上春樹のデビュー作で、群像新人賞受賞作品。神宮球場でヤクルトスワローズの試合を観戦中に、ふと小説を書くことを思いつき、当時やっていた店のキッチンで夜中にコツコツと書き貯めた作品だとか、周辺は幾らでも語ることができるのだけれど、物語そのものについて語ろうとすると途端に文章が出てこなくなる。
今書いているこの文章も、何を隠そうこの辺りで急激に失速し、睡眠時間とのトレードオフを考え既に書き始めてしまったことを後悔しているくらいだ。

まあいいや。
好き、嫌いで言うと『ダンス・ダンス・ダンス』が一番好き。完成度と面白さで言うと『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』に敵うモノはない。初期作品で荒削りだけど切なく迫る何かがあるのは『1973年のピンボール』がダントツ。
でも、そこまで語りたくもないんだけど結局語ってるのは、いつも『風の歌を聴け』なんだよね。なぜか。

学生の頃に買った文庫本(賢しげに付箋を貼ったり、傍線を引っ張ったりした挙句、表紙がどっかに行ってボロボロになってしまった)は残念ながらどこかに行ってしまったので、まっさらな文庫本を買い直した。
軽く読み直した後、ふと思い立って、台所から話し掛けてくる妻に適当に相槌を打ったり、激しくちょっかいを出してくる娘の猛攻をあしらいつつpomeraに向かってこの物語の断片の要約をまとめ始めた。

その結果が以下だ。
意味は特にない。いや、せっかくだから村上春樹風に言うと「意味なんてないんだ」か。
ただ、作業を進めるうちに奇妙な充足感と満足感はあった。敢えて無理やりこじつけるなら、物語の冒頭で出てくる「まん中に1本の線を引」いたノートにオノレ自身が収斂されてゆくような感覚だ。
さて、ノートの右側と左側には何が書かれているんだろうか。
教訓なんて、もちろん全然ある気がしない。

——–
『風の歌を聴け』(村上春樹 講談社文庫)

1:
「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」

僕はノートのまん中に1本の線を引き、左側にその間に得たものを書き出し、右側に失ったものを書いた。(略)
 僕たちが認識しようと努めるものと、実際に認識するものの間には深い淵が横わたっている。(略)僕がここに書きしめすことができるのは、ただのリストだ。小説でも文学でもなければ、芸術でもない、まん中に線が1本だけ引かれた一冊のただのノートだ。教訓なら少しはあるかもしれない。

2:
18日間の物語であることの宣言。

3:
鼠とジェイズ・バー。鼠が金持ち嫌いであること。

4:
鼠との出会い(回想)。公園に突っ込んだフィアットと、半ダースのビールと明け方の砂浜。

5:
鼠と本。『鼠はおそろしく本を読まない。』

6:
『鼠の小説には優れた点が二つある。まずセックス・シーンの無いことと、それから一人も人が死なないことだ。放っておいても人は死ぬし、女と寝る。そういうものだ。』

7:
『僕』の無口な少年時代。山羊と兎と重い金時計の寓話。

8:
朝6時前。『小指のない女の子(裸)』の家で目覚める『僕』。

9:
目覚めた『小指のない女の子』との軽い諍い。

10:
ジェイズ・バーにて。フランス人の水平と、グレープフルーツのような乳房の派手なワンピースの女(先月離婚した)。逃げ出す『僕』。

11:
ラジオNEBのDJ。ONとOFF。

12:
DJ→『僕』。リクエスト曲< カリフォルニア・ガールズ>をプレゼントした女の子。犬の漫才師。

13:
カリフォルニア・ガールズの歌詞。

14:
送られてきたTシャツのイラスト。本作品唯一の挿し絵。

15:
送付された真新しいTシャツを着て、港のあたりへ。レコード店で働く『小指のない女の子』との再会。
ビーチ・ボーイズ、グレン・グルード、マイルス・デイビスの3枚のLPを購入する。

16:
ジェイズ・バーで鼠と会う。誕生日プレゼントと言ってグレン・グルードのLPを渡す。
(小指のない女の子→鼠)

17:僕
カリフォルニア・ガールズをリクエストとしてプレゼントしてくれた女の子を3日間探し続ける。
結局見つからず、家で一人カリフォルニア・ガールズを聴く。

18:電話(小指のない女の子→僕)
ジェイズ・バーで鼠から僕の電話番号を聞き、掛けてきたとのこと。
『ひどいことを言ったからよ。それで謝りたかったの』
今夜8時にジェイズ・バーで会う約束をする。

19:僕(回想)
僕が今まで寝た3人の女の子の回想。
一人目は高校のクラス・メート。二人目は地下鉄の新宿駅であったヒッピーの女の子。三人目は大学の図書館で知り合った仏文科の女子学生。
仏文科の女子学生は翌年の春休み(いつ?)に大学の雑木林で自殺してしまった。

20:
ジェイズ・バーで小指のない女の子と会う。彼女に双子の妹がいることがわかる。

21:
『三人目のガール・フレンドが死んだ半月後、僕はミシュレの「魔女」を読んでいた。優れた本だ。』

22:
小指のない女の子から電話。作りすぎたビーフ・シチューを食べに来ないかという誘い。
彼女の家で食事をしながら、科学的直感力や靴を磨く話をする。
彼女は明日から一週間旅行だという。

23:
『僕が三番目に寝た女の子は、僕のペニスのことを「あなたのレーゾン・デートゥル」と呼んだ』
人間の生存証明(レーゾン・デートゥル)について考え続け、全ての物事を数値に置き換えずにいられないという癖がついてしまう。

24:
ジェイズ・バーで鼠と会う。明日、人(女)と会ってほしいという。

25:
鼠の好物(焼きたてのホット・ケーキにコカ・コーラを1瓶注ぎかけたもの)について。

26:
『僕が寝た三番目の女の子についえ話す。
 死んだ人間について語ることはひどくむずかしいことだが、若くして死んだ女について語ることはもっとむずかしい。』

27:
嫌な夢から目覚める僕。
鼠との待ち合わせ場所(ジェイズ・バー)に着くと、女と会う約束は辞めたという。

28:
僕が育った街について。

29:
不調の鼠について、ジェイズ・バーでジェイと話す。

30:
この文章を書き続けている僕。

31:
鼠とホテルのプールへゆく。
鼠は大学をやめて小説を書いてゆくという。
強い人間なんていない、強い振りのできる人間がいるだけだという僕と、嘘だと言ってくれないかと真剣に反論する鼠。

32:
デレク・ハートフィールドについて。
不毛さと火星の井戸と15億年という歳月の話。

33:
小指のない女の子から電話。YWCA(フランス語会話を習っているらしい)の前で待ち合わせる。
旅行に行ってたというのは嘘だという。

34:
嘘について。

35:
レストランから倉庫街へ。

36:
小指のない女の子のアパート。

37:
DJ語り。脊髄の病気の女の子の手紙。
『僕は・君たちが・好きだ』
曲はエルヴィス・プレスリーのグッド・ラック・チャーム。
(初めてデートした女の子と同じ?P.94)

38:
東京に帰る日の夕方。
ジェイに挨拶をして夜行バスに乗る。(鼠はいない)

39:
後日談。僕は29歳、鼠は30歳。ジェイズ・バーは改築され小綺麗な店に。

40:
デレク・ハートフィールド。

ハートフィールド、再び。(あとがきにかえて):
あとがき的エピローグ。

Comments:1

ネギ王 09-06-28 (日) 0:33

正直、村上春樹は「ノルウェイの森」と「もし僕らの言葉がウイスキーだったなら」しか読んだことがない。
ノルウェイの森を高校生のときの読んで、頭のおかしい人たち、だが時代の雰囲気の中にいる人たちを見つけて、田舎の町に住んでたオレは都会は縁がないと思ったものだ。文体は透きとおっているが、泥臭い人間(オレだ)を拒絶していると感じたんだ。
もし〜を読んだのは2年前。たまたま平積みになっていたそれを、そのころアイラモルトを漁るように飲んでたオレは聖地巡礼のつもりで読んだ。エッセイだからか、思ったほど抵抗はなかった。しかし文体はますます透きとおっている。彼は詩人なのかな。これほど透きとおった文体は後は高村光太郎しか知らない。彼は彫刻家だが。

結論。一回買って読んでみる。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.a2see.com/WordPress/archives/38/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
fragment-m from a2see blog

Home > fragment > fragment-m

Search
Feeds
Meta

Return to page top